サラダ油ランプ考

ラジオか何かで「サラダ油で灯すランプ」の話があり、検索してみるとこんな感じのランプが出てきました。で、とりあえず手持ちの材料(キッチンタオル、空き缶、アルミ針金)で見様見真似で作ってみたところ以下の問題がありました

1.サラダ油の粘度が高く油面から火点まで油が上がらない
2.そのため長時間無調整での燃焼ができない(せいぜい30分ぐらい?)

江戸時代の行灯とかでなぜ浅い火皿に灯心を置いただけの作りをしてるのかがよくわかります。しかし、空き缶を使ったランプだとその作りはやりにくいのでアルミ針金を使って灯心の支えを作ってみました。油が伝う部分を灯心だけでなく灯心と支えの隙間を使います。

ランプとして使ってみます。芯はキッチンタオルを丸めたものです。

着火!
灯油と違って少し加熱しないと燃えないですが着火性は悪くないです。そして、サラダ油の引火点の高さ故に万が一ひっくり返して油がこぼれてもランプの火が消えるだけです。

30分経過。明るく燃えています。喫煙所の明かりとかにすると雰囲気出そうです。

一時間経過。芯自体が燃えてスカスカになり油が上がらなくなったため火が小さくなりました。このままおいておくと30分程度で火が消えます 

何とか持続時間を伸ばせないかと考えました。最初は芯を固くするために芯を塩水につけて乾燥させて固くしてみたりしましたが、油を吸わなくなり火がつきにくくなるだけで効果があまりありませんでした。石油ランプの芯か石油ストーブの芯を買ってきて使うのが一番確実ですが、家の中にあるもので済ませることを試み、最終的にはキッチンタオル+蚊取り線香の線香皿の綿(グラスウール)に行き着きました。

キッチンタオルに使い古しの線香皿のグラスウールをちぎって巻き込んで・・・

丸めて出来上がりです。

支えにねじ込んで

ランプに装着して準備完了

点火!未使用時の着火性はキッチンペーパーより若干劣るかも。火を消して冷えた芯への再点火特性はかなり悪いので、素直に芯を引き出して焦げた部分を切って使ったほうがいいです。

5時間経過。まだ燃えています。

7時間経過。グラスウールが溶けて固くなり火が小さくなりました。

固くなった芯の先をペンチで潰して柔らかくすると復活し、ここから更に数時間使えます。合わせると夕方から使い始めて一晩使えそうな感じです。

Posted in 園芸 | Leave a comment

ベランダアンテナ補修

先日来た2つの台風によりHF用アンテナが小破したため修理しました。といってもエレメント部の針金細工に何かが当たって変形しただけなので、降ろして変形した部分を直しただけです。

このアンテナの製作に当たってアンテナシミュレーターを使ってみたのですが、実際の寸法とハイインピーダンスになる周波数があまりにも合わないので試行錯誤してみました。結局はベランダアンテナは建物の影響から逃れられないということがわかったので建物も大雑把に再現して再シミュレーション。

要素が増える分シミュレーションに時間を要するようになりましたが、より実態に近い共振点(14MHz付近)を得られました。

一方で、7MHzから上周波数の指向性が建物の影響を受けて建物側に偏るようなので、気は心で支線支持棒にアルミ線を巻きつけGNDに繋いでみました。

今回はMMANAを使用したのですが、CPUを全然使い切ってない模様orz
とりあえず、エミュレーター上で動かすんじゃなくてXnec2でも試してみるかなぁ?Linuxの方がマルチコアを活かしてくれているっぽいし,
せっかくのRyzen1700の8コア16スレッドがもったいない(汗)。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

睡蓮鉢に

十六穀米の赤米(古代米)を撒いてみたら芽が出てきました。もっと早く撒いたら米が採れたかもw

Posted in 園芸 | Leave a comment

たも網ホイップ3改4

たも網ホイップ3改3をしばらく使っていましたが、ケージ支持部とアンテナ支線が干渉してアンテナ線が時々切れていました。修理するのも面倒になってきたので、アンテナ支線との干渉を解決してみました。結果として以下のようになりました。

・短波帯専用に方針変更して50MHzトラップコイルを廃止
 →ただの頂環付きケージアンテナに
・50MHzは独立したデルタループアンテナを作成して対応
・全長を伸ばしたはいいものの無理があったらしく竿が折れたので全長を7mぐらいまで短縮


例によってマッチングはアンテナチューナー任せですが、14MHz帯で給電部が電圧腹にかかって整合が取れなくなったことから根本にコイルを入れて調整。

50MHz帯用のデルタループアンテナです。VHFアンテナ用の支柱に適当にくくりつけてあります。材料は園芸用のグラスファイバー棒とアルミ針金です。材料費は1000円ぐらい、一番高かったのがインピーダンス整合用の75Ω同軸でした。最近は地デジ対応等で75Ω同軸の安いやつがあまり売ってないorz。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

パソコンのCPU換装

パソコンのCPUをFX8300からRyzen1700に換装しました。FX8300でもまだ余裕で動きますが好奇心に負けました。規格が異なることからマザーボードとメモリの交換も必要なのでついでにメモリを16GBから32GBに増強。単純に性能と消費電力で選ぶとインテルの石になると思いますが、自作でそれでは面白くないのでAMDの石を使用しています。linuxと相性いいらしいし。

日本人に優しい日本語説明書入り

旧CPU付きのマザーボードを外して

新マザーボード等を取り付けます。CPU、マザーボード、メモリ以外はそのまま使えるので使い回しです。

電源を入れて動作確認の後、各種設定をして完了。OSがUbuntu Linuxなので再認証とかは不要(HDDを別筐体に入れた程度なら普通に起動するので後でドライバとかを変更すればよい)。のこった残骸をどうするか?今あるのはCPU、マザーボード、メモリ(16GB)、グラフィックカード×2、DVDドライブ、電源(500W級)…あれ?これってHDDと箱があればもう一台できるんじゃ?
とりあえず使ってみた感想は、速さよりも発熱の少なさにびっくり。CPUの温度が旧構成だとちょっと操作するとすぐ40℃を超えるのに対し、新構成だと負荷をかけてもなかなか40℃に達しないです。性能はもともと旧構成でも問題なく動いていたことから普通に使う分にはちょっと動きがキビキビしてるかな?程度。ただしニコ動で重たい動画(特にニコニコベンチマーク系統)を観るときは段違いの速さを見せてくれます。

Posted in アマチュア無線, 電子工作 | Leave a comment