たも網ホイップバージョン3

ant3_hatたも網ホイップを更に改良してみました。シミュレーターの利用でより効率の良さそうな形状の検討が可能となったことから容量冠を中心に設計を変更。容量冠を90cmぐらいまで大きくし、更に効率向上と強度向上を狙って形状も変更。アルミの花から立体的などら焼き型に変わりました。

CIMG3436材料は相変わらずアルミ針金(φ2mm及び2.5mm)です。効果はわかりませんが、針金同士の接合部分にアルミろう付けを使って工作の簡略化と軽量化を図りました。ただし、アルミろう付けは難しかったorz。そして出来上がりは写真の通り不格好にorz。重さは210gでした。

ant3_all全容はこんな感じ。ローバンドにおいてできるだけリアクタンス分を減らすために中間のアンテナワイヤーを3本並列にしています。

CIMG3438制作後上げてみたところです。やはり前作に比べて重くなったため竿のしなりが大きくなっています。今回はしばらく様子見です。

CIMG3441先端付近はこんなかんじです。

ant3_3m3.5MHzでの計算結果。
2号機の3.55MHzでのインピーダンスが3.68-j486Ω、50Ωに対するVSWR=1296。
3号機の3.55MHzでのインピーダンスが3.81-j396Ω、50Ωに対するVSWR=838。
短縮素子なしの(ただの6.3mのアルミ線)場合の3.55MHzでのインピーダンスが2.26-j844Ω、50Ωに対するVSWR=6332でした。

使って見たところ、3.5MHzで追加のマッチングコイルを使わずに八重洲FC-40で整合が取れるようになりました。3.5MHz、7MHzでの電波の飛びは特に変わった感じなし。その代わり10MHzと18MHzの整合が取れなくなってしまいました。10MHzは全然使わないのでまだいいけど、18MHzがダメなのはちょっと痛い。マッチング回路を計算してみるとコイルだけではダメでコンデンサも必要っぽい。
ただ、通常の運用が夜間の3.5MHz/7MHz帯なので、この2バンドが回路の変更なしに切り替えられるのは大きいです。

About みやん

みやんと申します。 趣味は鉄道とバイクと旅行とアマチュア無線。 鉄道は乗るのが好きです。18キップで各駅停車の旅も好きですが、どっちかというとすぐ特急に乗ってしまう傾向があります。 バイクはライディングが下手なのにオーバーリッター(バンディット1200S)に乗っています。バイクに乗るようになってから旅行の項目に「温泉めぐり」が加わりました。 旅行は国内ばっかり。でも海外にも行ってみたいなぁ。宿は基本的にユースホステルです。基本的に一人旅なので一人でホテル泊まってもつまらないですしね。 アマチュア無線は中学生のころからの趣味です。今の職業への道はここから始まりました。資格は1陸技・1海通・1アマです。1総通も検討していますがこちらは和文電信を覚えるのが先ですorz。 こんな私ですが、皆様よろしくお願いいたします。
This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.