たも網ホイップ改造

CIMG3386せっかく支持棒を釣り竿からたも網に変更して先端の強度が増したので、先日作成したたも網ホイップを改造してみました。夜間に使用する3.5MHz帯での効率が上がるように先端にローディングコイルを追加して給電点付近のコイルを減らすように変更。

CIMG3390上げてみるとこんな感じ。ローディングコイルの材料はいつもの通りアルミ針金(園芸用。軽い、安い、加工しやすの三拍子)です。絶縁被覆がないのでスペース巻きにし、タイラップで竿に縛って吊り下げています。

CIMG3392調子に乗って3.5MHz帯にて給電点でのローディングコイルがなくても同調が取れるように先端のコイルを更に増加してみたところ。軽量なアルミ針金であっても重くなってきたようで竿が傾いてしまいました。

CIMG3395仮に性能が出ても倒れてしまっては何にもならないのでローディングコイルを減らしました。
加工時に容量冠を落としてしまいひしゃげています。これもアルミ針金製ですので簡単に曲がります。その代わり修理も簡単、手で戻すだけ。

性能の確認はこれから。とりあえず具体的な変化がよく分からんからツール探してシミュレーションしてみるか?

About みやん

みやんと申します。 趣味は鉄道とバイクと旅行とアマチュア無線。 鉄道は乗るのが好きです。18キップで各駅停車の旅も好きですが、どっちかというとすぐ特急に乗ってしまう傾向があります。 バイクはライディングが下手なのにオーバーリッター(バンディット1200S)に乗っています。バイクに乗るようになってから旅行の項目に「温泉めぐり」が加わりました。 旅行は国内ばっかり。でも海外にも行ってみたいなぁ。宿は基本的にユースホステルです。基本的に一人旅なので一人でホテル泊まってもつまらないですしね。 アマチュア無線は中学生のころからの趣味です。今の職業への道はここから始まりました。資格は1陸技・1海通・1アマです。1総通も検討していますがこちらは和文電信を覚えるのが先ですorz。 こんな私ですが、皆様よろしくお願いいたします。
This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.