吸気ファン変更

CIMG3162パソコンの吸気ファンをより低騒音のものに変更しました。

ただし、マザーボードの都合でファンを交換しただけではどちらか片方しか温度による回転数の制御ができないので、両方共ファンコントロールがかかるようにしてみました。それもあって同一機種のファンを二つ購入しています。

 

 

CIMG3158ファンコントロール対応のコネクタから来ているPWM信号線にもう一方のファンの制御線を接続。子供が小さいのではんだ付けを伴う作業は子供が寝ている夜中しかできません(汗)

 

 

 

CIMG3159絶縁処理等を行って作業完了。この作業の結果、低負荷時の動作音がかなり小さくなりました。(微かに「さーっ」って音がするくらい。夜中の静かな時じゃないとよくわからん)その代わり吸入する風量も減るので今までほぼ一定だった筐体内の温度が負荷に応じて若干変動するようになりました。もちろん重たい動画を表示する等高負荷状態にするとファンの音は大きくなります。それでもヘタなノートパソコンよりは静かです

排気側は相変わらずファンなしです主な発熱源であるCPUのファンに排気は任せています。サイドフローのCPUクーラーが付いているので一応間に合っている模様。

About みやん

みやんと申します。 趣味は鉄道とバイクと旅行とアマチュア無線。 鉄道は乗るのが好きです。18キップで各駅停車の旅も好きですが、どっちかというとすぐ特急に乗ってしまう傾向があります。 バイクはライディングが下手なのにオーバーリッター(バンディット1200S)に乗っています。バイクに乗るようになってから旅行の項目に「温泉めぐり」が加わりました。 旅行は国内ばっかり。でも海外にも行ってみたいなぁ。宿は基本的にユースホステルです。基本的に一人旅なので一人でホテル泊まってもつまらないですしね。 アマチュア無線は中学生のころからの趣味です。今の職業への道はここから始まりました。資格は1陸技・1海通・1アマです。1総通も検討していますがこちらは和文電信を覚えるのが先ですorz。 こんな私ですが、皆様よろしくお願いいたします。
This entry was posted in アマチュア無線, 電子工作. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.