光学ドライブをブルーレー対応に換装…しかし

CIMG3156つい某アニメのブルーレイディスクを購入。しかし、我が家の機材はDVD,HDD止まりでブルーレイの機材はなかった。

 

 

 

CIMG3154仕方がないのでPCの光学ドライブをブルーレイ対応の機種に変更。あとはソフトウェアを設定して鑑賞…と思いきや標準的に使われているVLCメディアプレイヤーではどう設定しても再生できず。試しにWindows上で再生を試みても暗号鍵が対応してないらしく失敗する。

よく調べたら、市販のブルーレイコンテンツを開くには市販のソフトを購入する以外の道がなく、Linuxに至っては再生可能なソフトウェアが皆無と判明。そういえば昔DVDでも再生プログラム云々で揉めたような記事を読んだ記憶が…。

 

PC上で取れるまともな手段は対応するプレイヤーソフトを購入し再生することだけど、Linuxは先述の通りはじめから道が閉ざされている。

まずはWineを導入し、Windows用のソフトを動かしてみようかと試みた。しかし、現在使っているAMD系のグラフィックカードのドライバーとWineの相性が悪く両方入れたらPCそのものが起動不能になってしまい、あえなくOSからクリーンインストールをするはめに(泣)。「おとなしくオンデマンドで配信されるのを待ちましょう」と云った書き込みを見てキレそうになりながら各種設定を試みるも無駄な努力に終わる。OSのクリーンインストール回数2回orz

次に、現在使用中のエミュレーター上にあるWindowsにプレイヤーソフトをインストールするべく調査しているところでLinux対応リッピングソフトMakeMKV(シェアウェア、日本語対応)を発見。エミュレーター経由に行く前に、ものは試しと入れてみた。一応動くことは確認できたけど、MakeMKVだとリッピングしてから適宜プレイヤーで鑑賞するか内蔵のストリーミングツール経由で他のプレイヤーに表示させるかの2択。ストリーミングの場合でも一旦HDDにコピーしてから使っているような記述も見られる。コンテンツ業界のリッピング対策の結果、閲覧そのものの手段としてリッピングする以外の道が塞がれているのはどうなんだ?と首をひねる結果になりますた。

とりあえず、VLCプレイヤー等がブルーレイに対応するようになるという話もあるらしいので様子見しつつ対応を考えることにしました。CCCDの時もそうだけど、著作権保護の名のもとに(正式に円盤を購入した)消費者に不便(もしくは危険)を負わせるのはやめてほしいものです。一方で、(私にとっては)CDとテレビの録画については悪い意味でプロテクト不要になりつつあるです。わざわざ保存したくなる曲や番組がこの10年ぐらいでほぼ消滅。円盤そのものの出番がほぼなくなりました。

単に年取っただけか?

About みやん

みやんと申します。 趣味は鉄道とバイクと旅行とアマチュア無線。 鉄道は乗るのが好きです。18キップで各駅停車の旅も好きですが、どっちかというとすぐ特急に乗ってしまう傾向があります。 バイクはライディングが下手なのにオーバーリッター(バンディット1200S)に乗っています。バイクに乗るようになってから旅行の項目に「温泉めぐり」が加わりました。 旅行は国内ばっかり。でも海外にも行ってみたいなぁ。宿は基本的にユースホステルです。基本的に一人旅なので一人でホテル泊まってもつまらないですしね。 アマチュア無線は中学生のころからの趣味です。今の職業への道はここから始まりました。資格は1陸技・1海通・1アマです。1総通も検討していますがこちらは和文電信を覚えるのが先ですorz。 こんな私ですが、皆様よろしくお願いいたします。
This entry was posted in 日常の出来事, 電子工作. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.